Code of Conducts

職業紹介優良事業者行動指針

株式会社エリメントHRCは、「職業紹介優良事業者認定制度」において、「優良事業者」として求められる下記の行動基準を「行動指針」として定め、本行動指針に沿った事業運営を行っています。

【1】経営の基本姿勢
  • 1)人材紹介事業の公共性を自覚し、その社会的使命に基づく経営を行う。
  • 2)求人者、求職者の視点に立った経営を行う。
  • 3)業務の適正運営とサービス向上を常に心がけ、人材紹介事業の信頼性を高める経営を行う。
  • 4)従業員の資質やモラルが特に重要であることを認識して、従業員の教育研修を充実すると共に、労働環境、福利厚生の向上に努める。
【2】コンプライアンス(法令遵守)
  • 1)人材紹介事業の社会的責任の重要性を自覚し、法令遵守を徹底する。
  • 2)商業倫理、社会通念、国際慣行等にも配慮し、社会的良識に基づいた事業運営を行う。
【3】情報開示
法令で定めるもの以外についても、積極的に情報開示を行い、透明性の高い事業運営を行う。
【4】社会貢献
  • 1)人材紹介事業の特性を活かして、円滑な労働移動に寄与し、ひいては我が国経済の発展に貢献する。
  • 2)求人者等の需要に柔軟に対応して、人材採用、再就職支援等を通じて、その円滑な企業経営に寄与する。
  • 3)求職者の要望に応えて、民間企業の特性を活かした就業支援を行うことにより、働く者の生活向上に寄与する。
【5】人権・人格の尊重
人にかかわる業務であり、常に人権尊重の精神で事業運営を行う。
【6】個人情報と求人者情報の管理
  • 1)人材紹介事業における個人情報と求人者情報の保護の重要性を自覚して、その収集、保管を行い使用する。
  • 2)情報漏えいの内外にもたらす影響の重要性を認識して、防止策を講じるなどの事業運営を行う。
【7】公正競争
自由にして公正な競争が人材紹介事業の発展につながることを認識して、競争原理に基づいた事業運営を行う。
職業紹介優良事業者認定マーク
第1602001(01)号
株式会社エリメントHRCは、職業紹介優良事業者として認定を受けています。

職業紹介優良事業者認定制度について
【制度の趣旨、目的】
国の成長戦略の一環として、平成25年6月に策定された「日本再興戦略」の中で「民間人材ビジネスを最大限に活用する」ことが謳われるなど、民営職業紹介事業に対して大きな期待が寄せられています。

民営職業紹介事業が、労働市場において、国及び関係者の期待に沿って、なお一層の機能を発揮していくためには、それぞれの民営職業紹介事業所が、求人・求職の適正な受理及び適格な職業紹介といった原点に立ちつつ、労働市場の動向、求人者・求職者のニーズを把握し、それらに応えながら健全な事業運営を行っていくことが必要となっています。

このような背景から、優れた職業紹介サービスの提供に取り組み、健全な運営を果たしている民営職業紹介事業所を推奨し、その取組みが他の事業所へ波及することを通じて、その機能がさらに向上していくよう、「職業紹介優良事業者認定制度」が創設される運びとなりました。
【制度のあらまし】
本制度は、職業紹介優良事業者推奨協議会が定める「行動指針」を遵守し、適正な業務運営と経営改善努力を行い、一定の基準をみたした事業者を優良認定する国の事業です。優良認定を受けた事業主の取り組みが他の民営人材紹介事業者に波及することを通じて、民営人材紹介事業のマッチング機能をさらに向上させていくこともねらいとしています。

本認定制度の効果として、職業紹介事業者は優良認定を受けることにより、「社会的信用の向上」「経営改善モチベーションアップ」「コンプライアンス意識の向上」等が期待できます。また、求人者・求職者は、利用する職業紹介事業者を選定する際の、客観的な判断指標となるものです。
職業紹介優良事業者認定制度のホームページはこちら

TOP